失敗談

FX失敗談。暴走の果てに待っているのは大損だけ。初心者必見

前書き

こんにちは!現在飲食店サラリーマンで、セミリタイアを目指してる

兼業トレーダーの nobu (@INobuyuki0518)です。

えーっと皆さん、暴走してますか?(笑)

「いきなり何言ってんだ!」と叱られそうですが、

実は、つい先日、僕自身が暴走し感情的なトレードをしてしまったんです(T_T)

今回は、その失敗した経験を共有し、

みなさまのお役に立てたらと思い、記事を書きました。

本当は恥ずかしく、記事にしている場合ではないのですが、同じように悩んでいる方や、それでも諦めずに這い上がろうと頑張っている方への励みになると思い、包み隠さず全て正直に書いていこうと思います。

先日僕はついに大きな損失を出してしまいました。↓

いや〜本当にやってしまいました。

資金40万円に対してのマイナス8万円なので、僕にとっては大きな損失です。

今回はなぜ、そんな失敗をしてしまうのか、そしてどうすればその失敗を避けられるのか、そんな内容をお話ししていこうと思います。

こんな悩みを解決していきます

  • 暴走して大きく資金を飛ばしたことがある
  • 損切りするたびに感情的になる
  • そんな癖の直し方がわからない

この記事の権威性としてはプロフィールをご覧いただけたらと思います。負けていて権威性も何も無いんですがね(^◇^;)

プロフィール

それでは本題に入っていきましょう!

暴走した要因

なぜストレスを感じるのか

大衆の心理とかではなく、僕個人の今回の失敗した際の心境を具体的にまとめました。

そのトレードにかけた時間が無駄だったと思いたくない

まずは今月時間が無意味だったと思ってしまう、その時間を取り返したくなることが挙げられます。「今日6時間も張り付いた結果これかよ」と時給換算してしまったりすることが僕はあります。

これは真剣にやればやるほどそうなることが多いです。リスクはつきもの。そもそも向き合い方を間違えていますね。

発信している者として恥ずかしい

ブログやツイートで発信すると決めているため、権威性の欠如や、恥ずかしさを覚えることがあります。

無駄に自分にプレッシャーをかけ、「自分は勝たなきゃいけない」「結果を残さなければ意味はない」と妄想を抱いています(笑)

ただそれでは勝てませんね。というより勝ち負けに市場は関係ありません。

勝とうとすると負けを取り返しにいってロットあげたり、たいして根拠もないところでの無駄なエントリーが増えます。

相場を思い通りにしようとしている

おこがましいにもほどがありますが、相場を思い通りにしようとしてしまう。でもこれ、結構あると思うんですよね。

しっかりと時間をかけ、真剣に分析をしたつもりなので、「なんで逆行するんだよ」「ふざけんなよ!」と思ってしまう。

でもそれではやはりだめですね。値動きは予想するものではなく、値動きにどう対応していくかだけなんです。感情的だとそんなことも忘れてしまっています。

損失を認めたくない

「損失を認めたくない。確定させたくない」

これは、ルール以上に大きなロットをはったり、資金管理が出来ていない時に発生しやすい感情で、一定の額を超えると損切りが出来なくなります。

やってみるとわかりますが、下手をするとそのまま資金を全て飛ばしてしまいます。

そうならないようにも必ず資金管理を守りたいですね。

ストレスを大きく感じる瞬間

それでは、上記の心理も交えて、具体的にどんな瞬間に大きなストレスを感じたかをまとめました。

  • チャートを長時間見続けた挙句目の前でストップにかかり損切りされることこを見た時
  • 損切りの瞬間をじーっと見ていた挙句切られた時
  • 資金管理ができていないロットを貼ったものが損切りされた時
  • 連敗が続き損失額が資金の10%を1日で超えた時
  • 損失が大きいと取り返したいと思ってしまう

これらのタイミングで僕は大きなストレスを感じていました。

でも・・・

わかりますよね

ただ資金管理が出来ていないだけなんです。

僕はある方に超重要な、ちゃんとした「資金管理」の方法を教えていただき、それが少し出来るようになって初めて利益を出せるようになりました。

せっかく教えていただいたのに守れていないとても恩知らずな弟子です😭

でもそこで終わったらつまらない。立ち上がって最終的に大きな利益が出せるようになったら、今回の事は笑い話になります。それをイメージして今記事を書かせていただいています😊

FXは感情的になったら勝てない。その理由

FXは確率論で考える

僕の手法、スキルではせいぜい勝率50%が安定ラインです。

だからルールを守ることや、資金管理は超重要!なんです。

リスクリワードをしっかりと決め、資金管理をちゃんとやり、損小利大にする事でようやく利益が出せます。

本来それをやらないなんて本末転倒なんです。

感情的になると勝てない理由

感情的になるとIQも下がり、冷静な分析ができなくなり、根拠の弱いエントリーになります。

その結果、勝率も悪くなり、リスクリワードもちゃんととらず、チキン利食いや大きな損切りが重なり、資金を減らすことになります

わかっているのになぜ感情的になるのか

人間の損得勘定の「プロスペクト理論」

一言で言えば「損をしたくない!」という人間の心理があります。

欲に負け、目先の利益に執着する事でルールが守れなくなります。

訓練する事で人間の持つその心理を乗り越える必要があります。

「じゃあ感情を無くせばいいんじゃないの?」って思うかもしれませんが、確かにその方が資金は増えていきます。欲も感情も捨て、淡々とルール通りトレードをする。理想です。

でもそれをやってしまうと、私生活での「喜怒哀楽」も捨てることになりかねません。

私生活では「喜怒哀楽」が激しくて、トレードをしている時だけ感情をなくすのは不可能です。

そうではなく、コツコツと資金が増やせる経験を積み、仕組みを知り、負けが続いても、「資金管理とルールさえちゃんと守れば利益が出せる」という自信を身に付けることが大切です。

その経験があれば、資金管理、ルールを守り、ちゃんと損切りすることに抵抗はなくなってきます。

解決策

それでは、どうやってそれらを解決していくかを、実際に私がとった行動をそのまま紹介させていただきます。

何日かトレードを休む

ルールを守れなかったり、不安や精神的に前向きでない時にトレードをすればまともな結果は出ません。

期間はそれぞれの経験値や性格によって異なりますが、2〜3日から1週間程度でいいと思います。

理想を言えば資金の30%減らしてしまったら、1ヶ月〜3ヶ月リアルトレードは休み、最初の1週間くらい完全にチャートを見るのもやめ、回復したら、デモトレードやFT3(フォレックステスター)などのFX検証ソフトで月単位で利益が出るようになったら、リアルに臨めるとベストです。

でも僕はそんなにのんびり出来るタイプではないので、あまりにも自信がない時はロットをかなり減らしてエントリーを行い、自信が回復してきたら、通常のロットに戻しています。

基本時には土日で回復し、覚悟を決め月曜日から新たな気持ちでスタートさせています。

損切りしたあと冷静になるまでチャートを閉じる

損切りをした後どういう動きをするのかの分析は確かに大切です。でも僕みたいに感情的になりやすい方は、損切り後チャートはしばらく閉じた方がいいです。

その後の傾向は数時間後、落ち着いてからチャートを見てどう動いたのか、次はどうするべきかを分析しましょう。

自分では「大丈夫だ」と思っていても、少なからず感情的になっていて、その低いIQの状態でチャートをみると、根拠もたいしてなく、あまり良くない形でも「チャンスだ!」と思い、無理やりリベンジエントリーしてしまう可能性が高いです。

冷静に考えればわかりますが、しっかりと分析し、何時間もいい形になるのを待ち、「よし!」と思いエントリーしたものが損切りされたという事はそのシナリオの根拠が崩れたという事です。

であれば次のいい形がそんなにすぐ来るわけがありませんね。

たまたま、その損切りと同時に他の通貨ペアで狙っていたものがタイミングよくいい形になる時は、確かにあります。

それをエントリーして良いのは、自分を100%コントロール出来るようになってからです。

コントロールできる簡単なポイントは1つです

「ロットを下げる事です」

ロットを下げれば損切りされても、精神的なダメージは少ないからです。

監視される仕組みを作る

暴走しないようにするためには、監視してくれる仕組みを作ることがとても有効的だと思っています。

もし尊敬できる人や、誰かに監視される仕組みを作れる人はそれがベストです。変なトレードは出来なくなりますから。

でもほとんどの方は難しいと思うので、自身で発信してしまいましょう。

SNSがおすすめです。

ブログや、ツイート、インスタグラムなどで、毎日今日の収支をスクショして配信するだけでいいです。

何もしていないより、「見られている」という感覚が強くなるので、自分を抑制することにつながります。

抵抗がある人は収支は載せなくてもいいです。今日のトレードの感想や、反省を勝手につぶやいちゃえばいいんです。

それを続けていれば、いずれ見る人が増え、コメントしてくれたり、同じ境遇の仲間とつながり、いろんな意味で相乗効果につながります

まとめ

今回は、私の失敗談を元に、その心理状況や、解決策を提案させていただきました。

FXで利益を出すことそのものはそんなに難しい事ではないと私は思います。

難しいのは自分をコントロールする事です。

欲に負けず、自分で決めたルールや、資金管理を守ることがなかなか難しいんです。

でも当然ですよね。

「プロスペクト理論」という物がある通り、人間の心理を超える必要があります。

それを超えて、訓練や経験を積み、利益を勝ち取っていく必要があります。

それを超えるには時間がかかると思います。そして難しいと思います。でも、だからこそ僕はチャンスがあると思っています。

9割の人が負けるなかそれを乗り越えれば大きなチャンスが必ず掴めると思います。このブログ含めて、私自信が発信しているのはその奮闘記でもあります。

数年後1000万円、1億円と稼げるようになったら、この記録は多くの方の役に立つんではないかと思い書かせていただいています。

これからもその奮闘記!続けていきますので、よろしくお願いいたします!

一緒に頑張りましょう!